不倫による慰謝料を
請求されている方へ

慰謝料を減らすための交渉
弁護士が相手と直接連絡

慰謝料減額の可能性を逃す前にご相談を

電話で無料相談を予約0120-783-970

受付 9:00〜18:00 (土日祝休)

メールで
無料相談を予約

弁護士法人えん
5つの強み

請求されている慰謝料は適正な金額ですか?
慰謝料を減額・免除できるように、誠心誠意、力を尽くします。

このようなお悩み、
お持ちではありませんか?

要チェック!慰謝料を減額するための条件

慰謝料を
減額させやすい条件

  • 不倫期間が短い
  • 不倫回数が少ない
  • 不倫発覚後も不倫相手の夫婦関係が継続している
  • 不倫相手が主導して不倫関係に至った

慰謝料が
発生しない条件

「慰謝料を請求している人」と
「そのパートナー」の関係が

  • 婚姻
  • 婚約
  • 内縁関係

どれにも該当しない

慰謝料を請求している人の
夫婦関係

  • 不倫が始まる前から破綻していた

慰謝料を支払わなかったらどうなる?

・裁判を起こされる可能性がある
・利息まで請求されるかもしれない
・判決が出た場合、財産や給与の差し押さえも…

不貞行為に及んでしまったら、慰謝料を支払う義務が発生します。

不貞行為に及んでしまったら、慰謝料を支払う義務が発生します。ただし「いくら支払う義務があるか」は別の問題です。請求されている金額が妥当であるか、の検証が必要と考えます。なかには相談を通して「そもそも法律的には不貞行為にあたらない(慰謝料を支払う必要はない)」と判明した方もいらっしゃいます。
弁護士に相談して、慰謝料の適正な金額を知りましょう。

ただし「いくら支払う義務があるか」は別の問題です。請求されている金額が妥当であるか、の検証が必要と考えます。

なかには相談を通して「そもそも法律的には不貞行為にあたらない(慰謝料を支払う必要はない)」と判明した方もいらっしゃいます。
弁護士に相談して、慰謝料の適正な金額を知りましょう。

弁護士に相談する
メリット

慰謝料請求の
弁護士費用

返金保証あり

事案による

相談料

初回無料2回目以降
30分毎に5,000円

着手金

15万円返金保証あり
※事案による

成功報酬

減額した慰謝料の15%

上記費用は税別です。

返金保証は、万が一、減額できた慰謝料より弁護士費用の方が多くなった場合、その差額を返金するものです。

交通費・通信費・資料収集時に要する費用等は実費として頂戴いたします。

調停・訴訟等に移行した場合には、別途諸費用を頂戴いたします。

ご依頼内容やご状況によって、上記弁護士費用は変動することがございます。

利用可能なお支払い方法

PayPayなら2020年6月末まで5%還元(キャッシュレス・消費者還元事業)

慰謝料減額の可能性を逃す前にご相談を

メールで無料相談を予約

電話で無料相談を予約0120-783-970 受付 9:00〜18:00 (土日祝休)

受付 9:00〜18:00 (土日祝休)

メールで無料相談を予約

営業時間
9:00〜18:00
18:00〜20:00

※平日9:00-18:00にお問い合わせのうえ事前にご予約を頂ければ、▲の時間も法律相談可能です。

営業時間
9:00-18:00
18:00-20:00

※平日9:00-18:00にお問い合わせのうえ事前にご予約を頂ければ、▲の時間も法律相談可能です。

慰謝料減額の
解決までの流れ

STEP01

法律相談のご予約

電話またはメールにて、不倫の内容をお知らせ頂き、法律相談の予約をお取りします。

STEP02

法律相談

当事務所にお越し頂き法律相談を実施します。ご不明なこと、ご不安なことをご相談ください。

STEP03

慰謝料の交渉

弁護士が慰謝料金額の交渉を行ないます。合意できなければ、調停・裁判の利用を検討します。

STEP04

慰謝料の支払い

金額が確定したら、慰謝料をお支払い頂きます。可能な限り早期の解決を目指します。

慰謝料請求についての
よくある質問

慰謝料の相場は?
不倫の慰謝料は様々な要素から算定されるため、明確な相場がありません。以下、当事務所が調査した約160の裁判例を、状況別に統計化したものです。
状況 慰謝料額
不倫発覚後の婚姻関係 不倫期間 平均 最低 最高
継続 1年未満 約75万円 10万円 150万円
1年以上3年未満 約140万円 50万円 300万円
3年以上5年未満 約170万円 80万円 250万円
破綻 1年未満 約142万円 20万円 400万円
1年以上3年未満 約155万円 30万円 400万円
3年以上5年未満 約205万円 50万円 500万円
同じ状況であっても慰謝料の最低額と最高額に大きな開きがあります。その理由は、「不倫期間」と「不倫発覚後に婚姻関係が継続したか破綻したか」以外にも多数の算定要素があり、総合的に金額を算定するためです。 法律相談で状況を詳しくお聞かせ頂ければ、適正な金額を算定することが可能です。
慰謝料が高すぎて払えない!どうすれば良い?
相手の承諾を得られれば、分割で支払うことが可能です。 とはいえ、相手に分割の打診をする前に検証すべきなのが「請求されている慰謝料の金額が適正かどうか」です。現在あなたが請求されている慰謝料は、不当に高い金額となってはいないでしょうか? 弁護士にご相談頂くことで、適正な金額を知ることができます。どの程度減額できそうか、そもそも慰謝料を払わなければならないか等、精査させて頂きますので、まずはご相談ください。
慰謝料の請求を無視し続けるとどうなる?
相手に裁判を起こされる可能性があるほか、その裁判で不利になる場合もあります。また、支払いが遅くなったことに対する利息も払わなければならなくなったり、判決が出た場合、財産や給与を差し押さえられたりするリスクもあります。このような事態を招かないためにも、早めの対応をお勧め致します。
相手が既婚者だとは知らなかったのに、慰謝料を支払わないといけない?
原則として、相手が既婚者であることを知らなかった場合は、慰謝料を払う必要はありません。ただし「既婚者であることに気付く余地があった」と認められた場合や、既婚者だと知ってからも不倫関係を続けた場合等は、慰謝料を支払わなければなりません。

事務所案内

事務所名
弁護士法人えん
住所
〒541-0044
大阪府大阪市中央区伏見町2-6-4
吉田一閑ビル2階
電話番号
0120-783-970
代表電話番号
06-4708-8833
FAX番号
06-4708-8838
業務時間
9:00 〜 18:00
休業日
土・日・祝祭日