不倫の慰謝料で
損をしないための
法律相談

慰謝料を払ってもらうための交渉
弁護士が相手と直接連絡

悩みを一人で抱えず、お気軽にご相談を

電話で無料相談を予約0120-783-970

受付 9:00〜18:00 (土日祝休)

メールで
無料相談を予約

弁護士法人えん
5つの強み

あなたの怒りや悲しみに寄り添い、最大限の慰謝料を獲得できるように、
誠心誠意、力を尽くします。

このようなお悩み、
お持ちではありませんか?

要チェック!慰謝料を請求するための条件

必須条件

あなたとパートナーの関係が

  • 夫婦であること

(婚約/内縁でも請求できることがあります)

証拠について

  • 浮気・不倫を裏付ける証拠がある
  • 証拠はないが、パートナーと不倫相手が不倫関係を認めている
  • 証拠の具体例はこちら

慰謝料を
増額させやすい条件

  • 不倫期間が長い
  • 不倫が原因で離婚に至った
  • 夫婦の間に子供がいる
  • 婚姻期間が長い
  • 不倫相手と同棲して家族を顧みない
  • 夫婦の自宅での性交渉

慰謝料を獲得して、
新しい生活の一歩を踏み出しましょう

不倫によって一方的に生活を壊され、これまで独りで、怒りや悲しみと向き合ってこられたことと思います。
私たち弁護士にできるのは、その怒りや悲しみを、慰謝料という形で求めること。ご依頼者様に寄り添い、最大限の慰謝料を獲得できるように尽力いたします。

私たち弁護士にできるのは、その怒りや悲しみを、慰謝料という形で求めること。

ご依頼者様に寄り添い、最大限の慰謝料を獲得できるように尽力いたします。

私たちとともに不倫問題を最良の結果で終わらせて、新しい生活の一歩を踏み出しましょう。

弁護士に相談する
メリット

慰謝料請求の
弁護士費用

相談料

初回無料2回目以降
30分毎に5,000円

着手金

無料

成功報酬

獲得した慰謝料の30%

上記費用は税別です。

交通費・通信費・資料収集時に要する費用等は実費として頂戴いたします。

調停・訴訟等に移行した場合には、別途諸費用を頂戴いたします。

ご依頼内容やご状況によって、上記弁護士費用は変動することがございます。

利用可能なお支払い方法

PayPayなら2020年6月末まで5%還元(キャッシュレス・消費者還元事業)

悩みを一人で抱えず、お気軽にご相談を

メールで無料相談を予約

電話で無料相談を予約0120-783-970 受付 9:00〜18:00 (土日祝休)

受付 9:00〜18:00 (土日祝休)

メールで無料相談を予約

営業時間
9:00〜18:00
18:00〜20:00

※平日9:00-18:00にお問い合わせのうえ事前にご予約を頂ければ、▲の時間も法律相談可能です。

営業時間
9:00-18:00
18:00-20:00

※平日9:00-18:00にお問い合わせのうえ事前にご予約を頂ければ、▲の時間も法律相談可能です。

慰謝料請求の
解決までの流れ

STEP01

法律相談のご予約

電話またはメールにて、不倫の内容をお知らせ頂き、法律相談の予約をお取りします。

STEP02

法律相談

当事務所にお越し頂き法律相談を実施します。ご不明なこと、ご不安なことをご相談ください。

STEP03

慰謝料の交渉

弁護士が慰謝料金額の交渉を行ないます。合意できなければ、調停・裁判の利用を検討します。

STEP04

慰謝料の受け取り

金額が確定したら、慰謝料を受け取ります。可能な限り早期の受け取りを目指します。

慰謝料請求についての
よくある質問

慰謝料の相場は?
不倫の慰謝料は様々な要素から算定されるため、明確な相場がありません。 以下、当事務所が調査した約160の裁判例を、状況別に統計化したものです。
状況 慰謝料額
不倫発覚後の婚姻関係 不倫期間 平均 最低 最高
継続 1年未満 約75万円 10万円 150万円
1年以上3年未満 約140万円 50万円 300万円
3年以上5年未満 約170万円 80万円 250万円
破綻 1年未満 約142万円 20万円 400万円
1年以上3年未満 約155万円 30万円 400万円
3年以上5年未満 約205万円 50万円 500万円
同じ状況であっても慰謝料の最低額と最高額に大きな開きがあります。その理由は、「不倫期間」と「不倫発覚後に婚姻関係が継続したか破綻したか」以外にも多数の算定要素があり、総合的に金額を算定するためです。 法律相談で状況を詳しくお聞かせ頂ければ、適正な金額を算定することが可能です。
慰謝料を請求したけど反論されて話が進まない…
弁護士にご相談頂くことをお勧めします。
  • ・不倫なんてしていない
  • ・既婚者だとは知らなかった
  • ・既婚者だとは知っていたが、近々離婚をすると聞かされていた
  • ・自分は誘われた側だから非はない
このような反論に対して、弁護士は状況に応じて反論を退ける方法を選択することができます。
離婚しなくても慰謝料は請求できる?
不倫発覚後に離婚に至らなかったとしても、慰謝料の請求は可能です。 不倫による慰謝料は、あなたが不倫されたことによって受けた精神的苦痛への賠償金ですから、離婚の有無に関係なく請求することができます。 なお、離婚をしない場合の慰謝料は、離婚をした場合と比べて低い傾向があります。ただしその他の要素も考慮して金額が算定されるため、状況によっては離婚した事例よりも高額となるケースもあります。
不倫の証拠になる物って?
肉体関係をもったことが分かる写真や動画、ホテルに入る場面をとらえた写真、不倫があったことが分かるLINEやメールのやり取り等が証拠になり得ます。また不倫があったこと本人が認めている音声も証拠となります。 これらのような直接的な証拠がなくても、ホテルの領収書やクレジットカードの利用明細、当日のLINEのメッセージなどを組み合わせることで、不倫を立証できる可能性もあります。

事務所案内

事務所名
弁護士法人えん
住所
〒541-0044
大阪府大阪市中央区伏見町2-6-4
吉田一閑ビル2階
電話番号
0120-783-970
代表電話番号
06-4708-8833
FAX番号
06-4708-8838
業務時間
9:00 〜 18:00
休業日
土・日・祝祭日